久々に星景三昧 – ようやく雲男から脱出するツール発見

2017年5月22日

タイムラプス撮影では毎度々々、雲に悩まされ続けてきましたがついにいいものを見付けました。
実は光害の情報を調べている際に、同じサイトで

GPV気象予報

なるものを知りました。
スーパーコンピューターで今後の雲の予測をシュミレーションしてくれるのですが、完全に当たらずともかなり目安として使えます。

で、先週の週末はこの雲情報でかなりクリアな空が得られる予報だったのでタイムラプス撮影に行ってきました。

[youtube id=-WaXMilSBts]まず金曜の夜は近場の美ヶ原高原。まだ新月の一週間以上前なので月の出は深夜1時頃。
仕事が終わってからの僅かな時間がチャンスという事で夜の9時位から設営しつつタイムラプス撮影してきました。

週末だけあって山本小屋の宿泊客向けの星空見学ツアーやら同じくタイムラプスや星を撮影しに来ている人やグループがかなり来て賑やかな撮影でした。ただ想像以上に寒かった。。。

6D+広角、5D+魚眼の組み合わせでしたが6D側は余り良い場所にセッティングが出来ず思った画は撮れませんでしたが、5D側は何とか使える画が撮れました。露出を長くしていたので正味300枚位しか無かったのを20秒に伸ばすのが大変だったような。。

[youtube id=TGvO5HJy3OA]そして翌日土曜日も天候に恵まれたので今度は野反湖へ。
北西側の放水路脇の橋の所で撮影しましたが、車を横付け出来て久々に身体に優しい撮影でした。左側の山に隠れている事もあり昨日よりは月の出も遅いものの撮影できた時間は20時〜25時位まででした。
草津方面?の光害がひどく空が明るかったです。

水面に星を映したかったのですが、あんまり星が映らなかった〜。

自動車で来れる場所なので撮影中もずっと車のライトが来たり帰ったりという感じでしたが何とかそこら辺もごまかしつつ編集出来ました。
本当はあと7秒分位の素材があったのですが、撮影が終わって帰る車が撮影していた橋を通る時のライトがフレアになって映りこんでしまい断念となりました。ちゃんとハレ切り出来る準備しておけば良かった。。こういう所が手抜きでいけません。

とはいっても久々に雲の無い中で(多少は後半出てきましたが…)良い撮影が出来、いい気分転換にもなりました。同じ上田市内でやはり6Dでタイムラプスを撮影している方とも知り合いになれ、今後色々な所に一緒に行けそうな感じです。

ようやく雲男卒業できそうです♪

Leave a Comment

CAPTCHA